髄膜炎闘病記 第二回

前回の続き。

読むのが面倒な方のために、前回までのあらすじです。

発熱

→聞こえる音がおかしい

→病院で髄膜炎と診断され即入院

→地獄のような頭痛

→顔面麻痺

→頭痛と眼振と耳鳴りで、何も見れない、何も聞けない

→精神世界に引きこもりだす

ここから、だんだん無駄なことを考え出します。

? ? ?
何を言いたいのか、わかるようでまったくわかりません。
「変な薬をやってるのか?」と思われるかもしれませんが、
はい。おそらく、いろんな薬が投与されてます。

顔面麻痺の延長で、味覚がなくなりました。
ふりかけを舐めたときに、「ガリッ」と、砂の味がしたのを覚えています。

現実世界がつらすぎて、神目線で物事を考え出しました。

もう、現世にいないものとして話が進んでますね。

でも、言っていることは今読んでも痛いほどわかります。
この時期は、フリーランスや自営業で生きていくことの自由さに疲れていました。
自由であるということは同時に、責任を負うということです。
そこから距離をとることで、フラットになろうとしています。

もはや、物質ではなくなりました。
自分はオペレーションシステムだと言っています。

たしかに。
画面のどこを触るかによって、確率論的に運が良ければ現実世界の金が動く。
人間が意図的に操作すると、その確率が100%なだけ。
自分の生活圏が狭すぎて、意識が届く範囲を観る解像度が上がっています。

入院前に書いたものの、危うく廃材になりかけた文章を利活用するそうです。

なるほど。
病気になる前から、よくわからないことを考えていたようです。

これは、37歳になった今でもそう思います。

左耳が致命的に聞こえなくなってきてます。

たしかに。

外界に幻滅しはじめました。

まだまだ次回に続きます。


【追記】
続きを書きました。

髄膜炎闘病記 第二回” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。