髄膜炎闘病記 第一回

髄膜炎になったことがあります。その思い出を書き記したいと思います。
ところで、「髄膜炎」って、漢字にするとなんて怖いんでしょうか。

最初に体調に違和感を感じたのは、2012年5月9日です。

このへんまでは、ただの風邪かと思っていました。
そのあと、あきらかに異変を感じた瞬間はこちら。

耳がおかしくなり、仕事に支障をきたしてます。
ちなみに、どんな風におかしかったのかをシミュレーションしてみました。

怖すぎますね。そして、朝方になるつれ、症状は悪化してきます。

そして、病院に行ったのち、

このへんはまだまだ余裕がある様子ですが、

身体的、精神的に完全に限界がきてます。

顔面麻痺がはじまりました。
でも、この瞬間のことは覚えてますが、ハッキリいって、頭痛が凄まじすぎて、顔面麻痺なんてどうでもよかったです。見た目のことなど気にしている余裕がありませんでした。

そしてこのへんから、やることがなさすぎて、いろんなことを考え出します。

つらすぎて、もはや何かのヒントを得てます。
転んでもタダで起きないですね。

どうやら、小説を書こうと思ったみたいです。

耳はだんだん聞こえなくなり、顔面麻痺は相変わらず。

そしてついには、

完全に心が折れました。
次回に続きます。


【追記】
続きを書きました。

髄膜炎闘病記 第一回” への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。