時間の損得

たとえば、今が24時ちょうどだとして、明日11時から予定があり、10時には起きて身支度をはじめないといけないという状況だとします。

まずはAパターン。
今から4時まで作業して寝て、10時に起きるとしますよね。
作業時間は4時間、睡眠時間は6時間です。
容易にイメージできるスケジュールです。

次にBパターン。
今から寝て、6時に起きて、10時まで作業するとしますよね。
同じく、作業時間は4時間、睡眠時間は6時間です。

…と、一見同じように見えるんですが…、
はい。
こんなの、やるわけないです。絶対できません。無理です。
僕には、そんなスケジュールでことがすすむイメージがわきません。

そもそも6時に起きられるわけがないですし、もし運良く起きたとしても、布団の中でダラダラと二度寝、三度寝をしたり、スマホで将棋をさしたり、YoutubeやSNSをみたり、ネットサーフィンをして10時を迎えます。

ということは、早く寝たら損なんです。単純に。
作業時間が取れないんです。だから、4時まで作業したほうが得なんです。


でも、本当は、
時間に対して損得で考えるのやめたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。