怒りロジックRT

Twitterで、有名人のツイートが炎上することはよくあります。

そのとき、リプライの内容を観察していると、一見、怒りに到達するためのロジックが難しいものもあります。
「そのツイートを見て一瞬でそこまで読み解いて考えられる?マジ?」と。、

僕が想像するに、こういうのはだいたい、人の怒っているロジックを頂戴して、それに同調している場合が多いんじゃないかと思ってます。

つまり、Twitterは、

「あーなるほど、このツイートはこの角度からこう解釈するとうまく揚げ足が取れて、正論を盾に悪気なく思いっきり怒ることができるのか」

といったサンプル集として機能しているのではないかということです。

ちょうどいいサンドバッグを見つけてきて、そのサンドバッグのどの場所をどの角度から叩けば安全に叩くことができるか教えてくれる装置です。

しかも、自分は安全なんです。影響力が少ない側は炎上しづらいので。

すごい世界だと思います。総じて、Twitter面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。