下着の表裏

「道くん」という4つ上のいとこがいます。

子供の頃ーーおそらく小学校高学年くらいの頃、道くんと遊んでいました。

そして、パーカーかなんかを着ていた道くんがそれを脱いで、白い下着のシャツ一枚になりました。

そのとき僕は、道くんが下着の表裏を逆に着ているのに気づきました。

もちろん僕は指摘しました。

すると、

「いや、わざとよ。だって、下着は下に着るものやろ。縫い目があるほうが裏、ないほうが表やったとしたら、体に当たる方を表にしたほうが着心地がいいはずやん。」

と、返されました。

これには子供ながらに衝撃をうけました。

僕はそれまで、自分の頭で何も考えずに、あたり前のように表だと教えられた側を外に着ていただけだと気づきました。

そのあと、「もしかしたら、うっかりミスで表裏逆に着てて、苦し紛れの言い訳で言ったのかも?」とも考えましたが、

その後、いつみても必ず表裏逆に着てたので、おそらく本気なんだと思います。

そういうふうに、当たり前のことを当たり前と思わず、全ての常識を疑い、ちゃんと頭で考えた上で答えを出したいです。

考えても正解が出ない場合もあっていいんです。

「考えて正解が出ないし、たいしたこだわりないので、常識の方に従うことにした」くらいで、全然OKです。

要は、「普段から意識するクセづけをしているか」です。

来年の抱負は、そんな感じです。

徹底的にやるつもりです。

全てを疑っていきます。

また、後日まとめようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。