蛇がこわい

生き物の中で、生物的に怖いのは、例えばライオンや熊やサソリなど、直接的に危害を加えてくるやつらです。

まぁ、そりゃそうですよね。

ただ、非論理的に、本能的なに最も怖いのは蛇です。

蛇が、気持ち悪すぎてマジで無理です。嫌悪感すらあります。画像や映像を見るだけで嫌な気分になります。逆に、嫌な気分を楽しみたい時に、あえて見たりします。

なぜ蛇がこんなに怖いのか、考えたことがあります。

明確な理由はわかりませんが、理由の一つに、

「手足がないから」というのが結構な部分を占めている気がします。

ちなみに、魚も怖いです。あいつらも、手足がないからです。

絶対に危害を加えてこないと分かっていても、生きた魚を触るのが気持ち悪いです。

蛇や魚ほどではないですが、鳥もちょっと嫌です。

翼を手と思えず、脚が二本しかないようなフォルムだからです。

逆に、手足が4本より多すぎるのもキツいです。

虫やクラゲ、タコ、イカなどはそういう意味で嫌です。

そう言った意味では、蛇に近いはずの、同じ爬虫類であるトカゲは、全然大丈夫です。

脚が4本なので。

これがなぜなのか、本当にわかりません。

まだ記憶にもない幼少時代に、何かトラウマ的に刷り込まれたのか、

それとももしかすると、前世の記憶かもしれません。

とにかく、蛇が、めちゃくちゃ怖いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。