マンションの住人のはなし

上京して初めて一人暮らしをしたのは、板橋区大山駅近くのマンションだ。
そのマンションには、2007年8月から2010年の4月まで住んでいた。

それから3年後、2013年の6月のこと。
大山駅の近くをたまたま車で通ったので、妙にノスタルジックな気持ちになり、そのマンションに行ってみた。
とても綺麗でオシャレだとは言えないが、住んでいたころとほとんど変わらない、なつかしい佇まいがそこにあった。

そこでふと、昔自分が住んでいた部屋にどんな人が住んでいるだろうかと気になり、なんとなく郵便ポストに目をやった。
すると、当時自分が住んでいた201号室は空き部屋で、同じマンションの違う部屋に、樋口さん、越智さん、岡さんが住んでいた。

それを見て、ゾっとした。

それまでに人生の中で同居したことがあったのは、大学の同級生の岡くん、当時一緒に住んでいる大学の後輩の越智くん、そして弟の樋口太陽。以上の三人だった。
その三人と同じ苗字の人が、俺が初めて一人暮らししたマンションに住んでいることになる。
さらに、元俺の部屋は空いていた…と。

これは、その時に撮った写真である。

6年前、そんなことがあった。

その後、木村や山下とも同居することになったのだが、それ以降はポストは見ていない。

今度東京に行った際、暇があれば、
大山までポストを確認しにいきたいと思っている。
もしかすると、今は木村さんや山下さんが住んでいるのかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。