空間記録

最近、仕事で必要になり、360度カメラを購入しました。
「RICOH THETA S」ってやつです。
これ。

https://theta360.com/ja/about/theta/s.html

最近、360度写真をはじめ、360度映像も増えてきました。
SNSなんかを見ていると、友達が普通にアップしてたります。

Twitter初期はテキストのシェアが主でした。
それから、instagramで写真の世界になり、
Tiktokでは動画です。
次は、360度動画やVRが当たり前の時代になると言われてますね。
ネット回線が5Gになり、デバイスがもっと安価になり、スマホで360度撮影ができるようになるといったことはもう、
そんなに遠い未来ではないでしょう。

VRヘッドセットで3D映像を見たことがある方はわかると思いますが、
もう、視覚上では完全に「VR=現実」のレベルです。
そうなってくるともう、マジでドラえもんの世界になります。
VRが、エンタメコンテンツではなく、インフラになるはずです。

たとえば、飲み会なんかも、わざわざ居酒屋に集まらずにできるようになるはずです。
バンドでスタジオに入るときも、(気持ちいいかどうかはおいといて)ドラム以外はそれぞれの自宅にいながらできるかもしれません。
VR上のバーチャルオフィスみたいなものも出てくるはずです。

正直、現在のテクノロジーでは足りてない部分があります。
それが、発達していくと、
都会でしかできなかったことが、どんどんどこでもできるようになります。
そうなったときに、自分がどこに住んでどう自分の生活を設計していくか。
今から考えておこうと思ってます。まだ答えは出てないですけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。