方言と標準語

僕は、基本的に田川出身なので、田川弁をしゃべります。
完璧にネイティブの田川弁に比べると、相当薄くなっていると思いますが。

0〜18歳の期間は田川に住んでいましたが、それから福岡に出て、その後は東京です。
ですので、20年間くらいは、田川外で生活しました。

そうなってくると、普通は方言が抜け落ちてきます。
僕の周りにも、方言がどんどん抜けていく人ばかりでした。

でも、僕はそれに対して、寂しさを覚えていました。
なので、絶対に方言を喋り続けようと思いました。

しかし!
これが超絶面倒くさいのです。

大学のとき、後輩と一緒にカレーを食べていて、
「なしこげ(なんで、こんなに)カレーっちうめぇんかの」と言ったら、
後輩がキョトンとした顔で僕を見て、
「ナシコゲカレーってなんですか?」
と返されて、めちゃくちゃ恥ずかしかったのを覚えています。

このように、全く何を言っているのか伝わらないことがよくあります。
福岡に住んでいた頃はまだマシです。
東京に出ると、これがさらに伝わりづらくなります。

これが、関西弁ならいいんです。
全国で市民権を得てますから。
もしくは、博多弁でもギリギリOKです。
それに比べて田川弁って…標準語ユーザーからすると、マジでよくわからないんです。

「しちょけちゆうちょっちょろーがちゃ」

「ちゃ」とか、「ちょ」とか、「ち」とか、多いんです。
さすがに、このレベルの濃ゆい田川弁は使わなくなりましたが。

それでも、なんとか20年間、田川の外で多少マイルドに薄まった田川弁を使い続けてきました。
SNS上でも、できるだけ田川弁を使ってきました。
しかし、方言って、文字にするとめちゃくちゃ読みにくいんです。
それでも、頑張ってできる範囲で使ってきました。
これもまた面倒くさいんです。
自然な方言だとわかりにくすぎて、かといって、標準語はなるべくつかいたくないということで、
文体を敬語にしたり、言い回しを変えたりして、僕の言葉でありつつ、伝えないといけない。

これだけ考えたら、方言とかいっそのこと捨ててしまったら楽なんですよ。
日本語が、標準語に統一されたら、どれだけ効率的かと思います。
しかしねー、標準語を使うのが最も効率的だとはわかっていても、どうも嫌なんです。
…嫌なんですよ…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。