怒りのメリットって?

先日、僕が契約している月極駐車場で、うっかりミスで、
本来とめるべき駐車場の隣の枠に一晩駐車してしまいました。

僕が駐めていた枠の契約者が気づいたのは夜遅くで、すでに駐車場の管理会社は営業終了していたらしく、
警察に電話してパトカーを呼び、数十分ほどパトカーのスピーカーで呼びかけをしていたらしんですが、
あいにく僕が気づかず…。

次の日に車のところに行くと、僕の車のワイパーに「駐車番号を間違えてないですか?」と行った旨の紙がはさまっており、僕が契約している枠に相手の車が停まっていました。

これは申し訳ないことをした…と、僕も紙に謝罪文と連絡先を書き、
相手の車のワイパーに挟んで、僕の車は100円パーキングにとめなおしました。

数時間後、管理会社から確認の電話がかかってきて、まずは管理会社に謝罪しました。

で、そこで管理会社のスタッフに、「できれば電話でもいいのであやまりたいんですが、お話できないですか?」ときいたところ、「かなり怒ってらっしゃいまして、話したいといった感じではなさそうでした。もう、このまま触らないほうがよろしいかと…」と。

結局、そのとおりその後何もアクションせずに、今を迎えております。

うーん、という感じです。

なんで、相手は、怒ったままにしておくんでしょうか?
今後、駐車場で顔を合わせることもあるでしょう。
その際、一度電話で話した状態と、一度も話してない状態だと、あきらかに後者のほうが今後が楽だし、お互い気持ちがいいと思うんです。

怒ったまま、僕の謝罪を聞かないメリットってなにかあるんでしょうか?
結構いろいろ考えたんですが、どうにも想像がつきませんでした。

駐車場でばったりあったときに気まずくないんでしょうか…。
もし会うことがあれば、誠心誠意、謝罪したいとおもってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。