保険会社

昨日、スーパーで買い物をすませて出口に向かって歩いていると、いきなり後から「あのー、」と話しかけられ、振り向くとおそらく20代後半〜30代のマスクをした女性が立っていました。
その後、第一声で「保険会社の樋口さんですよね?」と話しかけられました。

びっくりした僕は、「え?保険会社?え?」みたいなリアククションしかできず、そんな慌てた僕をみて、女性はすかさず、
「あ、いや、大丈夫です、いいんですいいんです、失礼しました!」とそそくさと去っていきました。

そのあと、あらためて思い返して、どう考えても僕の風貌で保険会社の人に見えるわけないよなぁ…と疑問に思っていたところで、やっと気づきました。

おそらく、今思い返すと、「保険会社」じゃなくて「コテンラジオ」と言われていたような気がします。

ホケンガイシャ、ホケンガイシャ、ホケンガイシャ、コテンラジオ、似てますね。

しかし、話しかけてくれた女性の方に相当悪いことをしました。
できれば、もう一度偶然お会いして、「保険会社の人ですよね?」と話しかけてほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。