継続が切れたらそこで終了

さて、土曜日から、本日月曜日まで2 泊3日の東京出張から帰ってきたんですが、
本来土曜日に走るべきところ、さすがに東京に行ってまで走りたくないとのことで、まず金曜日に走ろうとしました。

すると、金曜は福岡市はあいにくの雨で、走れず。
仕方なく、東京にシューズとウェアを持っていき、出張中に走ろうともしましたが、やはりというかなんというか、2晩とも飲みの予定が入ってしまい、結局走らずに田川に戻ってきました。

ということで、今から走ります。2日遅れですが、走ります。


何かしらを継続的に続ける、たとえば、今回でいうと、毎週土曜日にランニングするということを続けるために意識することは、「ただがむしゃらに頑張る」では足りないと思います。

特に意識すべきは、「習慣化させることを頑張る」です。

つまり、たとえ10km走ることはきつくても、5kmでも、2kmでも、とにかく「着替えて外に出て走る」ことを途切れさせない、ということです。

ダイエットのときも同様でした。
普通の人は、もっとうまくやるんです。
ダイエット中だけど、先週頑張ったので今日は自分にご褒美でお菓子♪
とか、
ランニングする日だったけど、今週は出張があったし、たまには休息も必要なので今週は休み
といった具合です。

それでちゃんとバランスが取れる人は、それで継続が途切れずに行けるんだと思います。
なんなら、羨ましいです。

僕は、途切れたら終わるんです。
絶対に終わります。一週でも休んだら、もう続けられる自信がありません。
現に、これを書き終わったあと、着替えて走りに出るっていうイメージが今のところ全くついていないくらい、絶望的に走りたくないです。
特に、今日は寒いですし、田川の夜は福岡市の夜に比べて明かりがなく、暗いので、さらに絶望感が増しています。

電車と飛行機と地下鉄とバスで1000km以上移動してきたあとに、なぜ10kmごとき走らないと行けないのか。

継続を途切れさせないため、それだけです。

このブログを書いている理由も、これを書いてしまったらもう、今日怠けて走らないというわけにはいかないからです。
“死んでも走るよ宣言”です。

走りたくないです。

走るけど

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。