正解とは何かを教わったことによる不自由

ピアノを日本に広めることの一翼を担ったヤマハ音楽教室のピアノレッスンに通った人は、手は自由に動くのに、コードやスケールの概念がインストールされておらず、アドリブで弾いたり、自由に作曲したりできないイメージです。

功績の裏に罪ありといったところでしょうか。

本来、音楽――いや、芸術全てについて正解などないはずです。
しかし、一部の音楽教室では、正解とは何かを教わり、それから外れることをよしとしません。

僕は、そのせいで不自由を感じている方を数名みてきました。
シンプルに、許せないんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。