価値観相対性理論

日本人の何%が、断食経験(できれば3日以上)があるんでしょうか。

会う人会う人に、結構ガチでオススメするんですが、実際に実行にうつす人はあまりいません。

断食から得られることは色々あります。
世間的に言われているのが、腸のデトックスになって体にいいってやつですね。

もちろん、そういう効果もあります。
しかし僕は、「幸福度におけるハードルコントロールがいかに有用か、自分の身体を実験台にして理解できる」というメリットが一番デカイと思ってます。

3日間、何も食べなかった状態で、久しぶりに食べる飯の旨さといったら、満腹な状態で食べる超高級フランス料理なんか非じゃないです。
物事は、絶対的な価値なんて有りません。
全てが相対的な価値観だけで成り立ってます。

「価値観相対性理論」です。時間ですら相対的だったのですから、価値観が絶対的なわけ無いと思ってるんです。

ということで、ぜひ、断食やってみてください。
危険度も比較的低いので、リスク対効果も良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。