四次元生物

先日、コテンラジオのPodcast累計再生回数が300万回再生を超えました。
しかし、それよりもすごいのが、ここ2週間だけの再生回数が40万回を突破したということです。

つまり、全再生回数のうち、13%がここ2周間に集中しているわけです。
再生されたエピソードを細かく見ていくと、もちろん、ここ二週間でアップしたものだけではないです。
今までアップしてきた、100以上のエピソードが、満遍なく視聴されています。
本編で最も再生回数が少ない回でも2万回弱は聴かれています。


もちろんですが、Podcastをはじめた1年半前は、1年半後にここまで聴かれるなんてことをまったく想像せずに収録していました。
おそらく、第一回の吉田松陰の回なんて、リリースして1ヶ月くらいで、100再生も行ってなかったと思います。
それが、今は、38000回を超える再生回数です。

この事態を僕ら目線から考えると、
「今コテンラジオに出会った人が、タイムマシンで1年半前に僕らに会いに行って話を聴いている」感覚です。
そう考えると、今までのものずっとずっと積み重なってきて、資産になってきてるのです。
今後、もっと伸びてくると、過去のエピソードにタイムスリップする人たちがもっともっと増えてくるはずです。

しかもコテンラジオのコンテンツは、時事ネタを取り扱っているわけではないので、何年たっても色あせません。
そもそも、遠い過去の話をしているわけですから、僕らが死ぬまでに内容が変わるなんてことはありません。
5年後に聴いても、10年後に聴いても、かわらず楽しく聴けるはずです。

つまり、僕らの過去から未来が、同時代に、同時に存在していることになります。
これはもはや、四次元空間で生きていると言っても良いかもしれません。

そして、今作っているエピソードたちも、これから話すエピソードたちも、ずっと先の未来に出会う方々に向けて喋っているのだと思うと、ある意味プレッシャーですし、ある意味ワクワクしますね。

どうも、おはようございます。こんにちは。こんばんは。
我々、四次元生物、深井&ヤンヤン&樋口です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。