インプット

今日、とある友達とLINEでやりとりをしていて、
「アウトプットばかりで、枯渇してんじゃない?ちゃんとインプットしろよ」
と言われました。

もちろん、彼は僕の活動をすべてチェックしているわけでもないので、
無責任に言っているだけです。

一瞬、「いや、そんなことはない気がするけど」と思ったんですが、
よくよく考えると、徐々に彼の言うとおり、インプットが足りてないんじゃないかという気がしてきました。

彼から僕をみると、今、一生懸命いろんな活動をやっているが、
すべてが過去からの延長に見えてしまっていて、過去の財産で取り繕っているように見える、と。

ちょっと考えさせられました。

僕は、人生を通してなるべく一箇所にとどまらず、新しい活動や新しい場所を追い求めてきたつもりになっていましたが、
やはり常に意識をしていないと、同じ種類のリソースを切り崩して、目の前の課題をこなしてしまいがちになってしまうんだなと。

日々新しいインプットをし続けていくというのは、なかなか難しいものです。
ずっとインプット足りてないコンプレックスは、昔からあります。
例えるなら、ずっと下痢気味で、口から入れて、反芻してしっかり消化するまえにすぐケツから放出してる感じです。
それはそれでアウトプット量が増えるので、メリットはあるんですが、
栄養がイマイチ蓄積されていかないというデメリットもあります。

バランスの問題なんでしょうね。
どうしても、アウトプットによってしまいます。
おそらく、生き方のクセなんだと思います。
だから、日々意識して、アップデートしていきたいものです。

未来の予測ができない今だからこそ、ですね。

ただ、アウトプットはやめませんが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。