ワークチェアが買えなかった日

妻がリモートワークになったり、保育園がほぼほぼ休みになったりで、自宅作業が増えてきました。
いままではダイニングテーブルで仕事してたんですが、これを機に本格的に家の一室を作業場として整えることにしました。

まずは、最低限必要なものからと、作業机を買いました。
そして、ダイニングにある来客用の椅子を持ってきて作業してたんですが、長時間の作業となると、やはり身体がガタガタになってきます。

ってことで、椅子を買おうと思い、妻と一緒にネットでワークチェアを探してたんですが、実際座ってみないとわからんよねという話になり、近くのオフィス向けのリサイクルショップに行ってきました。


まずはパッと見の第一印象としては、正直どれでも大差ない気がしました。完全に自宅作業用なので、デザインにはこだわりません。派手な色じゃなければいいかな?くらいでしたので、適当に安いやつを買おうと思い、まずは一番安いやつに座ってみました。

すると、もの凄い違和感を感じました。
その後、そこにあった椅子を全部試してみたんですが、自分の体にしっくり来るやつが一つもありませんでした。

その後、近くのミスターマックスに行って試すも、しっくりくるものはなく。
ダメ元にニトリにいってみました。
そこで、10個ほどある椅子の中で、ある椅子に座った瞬間、身体がズキュウンと椅子に吸い込まれる感覚になりました。

「こ、これだっ!」と一瞬で惚れ込みました。
ちなみに、これです。

https://item.rakuten.co.jp/nitori/6620591/?scid=af_pc_etc&sc2id=af_101_0_0

ただ、在庫切れ…しかも、入荷まで20日以上かかるとのこと。


結局、今日はワークチェアを買えませんでした。
家を出るときには、「ある程度座れりゃなんでもいいや」くらいの感覚で行ったのに、です。


たしか、自分の結婚式の衣装のスーツもそうだった気がします。
無料で式場でスーツがレンタルできると聞いて、「スーツなんてもうなんでもいいや」と、軽い気持ちで試着室に入ったんですが、結局一つもしっくり来るものはなく。
結局、セミオーダーメイドで作りました。


人間、知らなければなんでもいいことを、比べてしまうと欲が出てくるものなんでしょう。

心理学の研究によると、何かモノを手に入れるときに、
「十分に機能やデザインを比較検討して納得の上で買った」場合と、
「人からプレゼントでもらった」場合を比較すると、
一見、前者のほうが満足度が高いと思われがちですが、意外や意外、後者のほうが満足度が高いという研究結果が出てるそうです。

欲って、自分でコントロールできないからおもしろいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。