自分にとっての普通

最近思うんですが、PCにおいて、自分では普通にやってる作業が他の人にとってはムズいのかそうかと思うことが多いです。

料理に例えるなら、

玄人「料理とか全部楽勝じゃね?クックパッド見りゃ全部書いてあるし」

素人「え、適量って何g?中火ってダイヤルのどこまで回せばいいの?乱切り?え?」

みたいなギャップかもしれません。


例えば、Youtubeに動画を一本上げるなら、こんな感じです。

企画考えて、
撮影して、
PCにデータ転送して、
Premiereに読み込んで、
カット編集して、
テロップや画像差し込んで、
音のノイズ処理や音質調整して、
SEと音楽入れて、
適正なフォーマットで書き出して、
タイトルと概要欄作って、
サムネ作って公開する。

これを、特に難しいと思うわけでもなく、いつも淡々とやってるんですが、
よくよく考えると、企画を考えたり、人前で喋ったり、パソコンを触ったことがない人にとっては、一個ずつムズいんやな…と考えると、
まぁ、38年間の間、色々と見に付けてきたなぁ…と、あらためて思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。