情報圧縮の弊害

見た目に興味がなさすぎて、見た目を覚えておくことが難しいです。

簡単に言うと、身近な人が髪を切ったかどうか、新しい服を着てきたかどうか、化粧を変えたかどうかがわかりません。

かといって、最近雰囲気変わったとか、なんか表情が変わったとか、そういったことは意外とわかります。

つまり、見た目を見てないのではなく、見た目から情報を抽出して、抽象化して保存し、容量をあけるためにプロジェクトデータ(見た目)を削除しているのだと思います。

たぶん、人生損していると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。