ファイル名リテラシー

ネットでのやりとりが当たり前になったいま、仕事相手にファイルを送信することは日常茶飯事です。

しかし、ここでは最新の注意が必要です。

「送られてくるファイルのファイル名だけでその人の仕事のレベルをはかられたりする」からです。
もっと正直に単刀直入にいいますね。
僕自身が、ファイル名によって相手のリテラシーレベルを評価しています。

もちろん、時と場合と環境にもよるんですが、代表的なものは以下のとおりです。

  • 月日が入ってて年が入ってないなら次年度以降にファイルを見返すことまで想像してない
  • 「完成版」や「最終」とかを入れる人は、最終版だと思っててもさらに変わる可能性があることを想像してない
  • ナンバリングしてない人は、バージョン管理の重要性をわかってない

べつに、僕からの評価が良かろうが悪かろうがなんということもないんですが、
実はこの辺の話は、ITリテラシーレベルだけにとどまらず、相手に対してどれだけ神経を使っているかという話に繋がります。

自分が恥ずかしいだけなら全然なんとも思わないんですが、
相手に迷惑をかけたくはないです。

まぁ、人はそもそも生まれて生きているだけで他人に迷惑をかけて生きているとはいえ、気持ちいいものではないので。

いや、ん、とはいえ僕が考えすぎなんでしょうか。

うーん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。