トイレットペーパー探しの旅

コロナウィルス関連で「マスクと同じようにトイレットペーパーも不足する」というデマが流れたらしく、福岡市内のドラッグストアからトイレットペーパーがなくなったとのこと。

我が家のストックも残りわずか…ということで、車でドラッグストア巡りをしてきましたので、その様子をお届けします。

結局、買うことはできませんでした。

まず普通にクソしょーもないデマに騙されるバカどもに対して怒りの感情が湧いたんですが、とはいえこの被害を食い止めることはちょっとむずかしいと思いました。

おそらく、最初に買い占めた人は、悪いことをしている感覚がなく、ただただバカなだけです。これは、教育でどうにかできるようなものでは無いような気がします。

そして、買い占めが起こった時点で、もはやデマだったトイレットペーパー不足説が、真実になります。「嘘から出たまこと」です。
本当に不足するとなると、決してバカではない有識者たちも買いに走らないといけなくなります。

つまり、一定数以上のバカがこの社会に存在する以上、このリスクは常にあり、防ぐのは相当困難だということです。

これを回避するには、バカの数が一定数以下の国で生活するしかないんですが…、結局、どこの国がいいんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。