疲れの認識

今日、スケジュールミスで打ち合わせを一つ忘れていて、とばしてしまいました。

最近、ミスをすることが多いです。

謝りの連絡を入れたら、先方から「大丈夫ですよ、疲れてるんだと思います。休んでください!」

と、優しい言葉をいただきました。

そこで僕はまず、これは疲れているわけではなくて、単にタイムマネジメント能力がないだけだと思いました。

その旨を返信し、以後気をつけますってことでその場は収まったんですが、

そのあと飯を食っていたら、強烈な疲労感が身体に出てきて、座っていられなくなりました。

そして、妻と子供がまだ飯を食っているのに、リビングの床に横になったとたんに、凄まじい眠気が襲いかかってきて、そのまま寝てしまいました。

起きて、よくよく考えると、ここ2週間ほど、身体を休める日がなく、寝不足が続き、結構なハードスケジュールだったことを思い出しました。

自分ではそんなつもりがなかったので、頭では認識しておらず、しかし身体にはダメージが溜まっており、

それを頭で認識した瞬間に、疲労が具現化したような感覚です。

自分の体力や疲労度を正確に認識しとかないと、思いもよらないミスをしてしまうかもしれません。

疲れているかどうか、頭で認識せずとも、勇気を持って休みを取ることができるかどうかは、自営業の人間にとって、かなり重要なスキルなのではないか、というお話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。