餓鬼畜生

misonoさんのYoutubeチャンネルに島田紳助さんが出演していたYoutube動画を見ました。

その動画を見ながら、ぼーっとコメント欄を眺めてたんですが、
その内容がめちゃくちゃひどいわけです。

内容は、だいたいmisonoさんの声が大きい、笑い方が下品、トークの邪魔、頭悪い、癪に障る…、
などなど、それはそれは罵詈雑言が凄いわけです。

ちょっと、びっくりしました。

misonoチャンネルにアップされた動画なんです。
匿名掲示板じゃないですし、
素人が上げた違法アップロード動画でもないんです。
本人のチャンネルなんです。

ということは、本人はほぼ間違いなく見る場所なんです。
本人が思いっきり見ている前提で、罵詈雑言を書き込んでいるんです。
これ、リアルに想像してみてください。

例えば舞台だったら、客席からものすごい人のヤジが一個人に向かって一気に飛んできてる状況です。
しかも、チャンネル主に対して。

もう一回いいます。
misonoチャンネルなんです。
misonoチャンネルで、misonoが邪魔って言われてるんです。

正直に言うと、僕もmisonoさんの声はうるさいなと感じました。
しかし、それに悪意をのっけて本人に伝えないといけない理由がわからないんです。

なんで人間が人間に対して、
明らかに相手を傷つけてしまうことをやれてしまうんでしょうか。

一瞬でも、自分がmisonoさんの立場だったらどう思うかを考えなかったのでしょうか。
もしくは、考えた上で悪意を持って相手を意図的に傷つけにいってるんでしょうか。

そんなことをして、気持ちがすっとするのでしょうか。
だとしたら、他に誰も傷つけずに気持ちがすっとする方法を探そうという努力はしないんでしょうか。

僕にはわかりません。
しかし、僕が彼ら、彼女らに対して怒りの感情をぶつけてしまうと、
この僕もあちら側の世界、餓鬼畜生に成り下がってしまいます。

感情で見るのではなく、現象として観察するようにします。
そして、せめて僕ができる範囲で、そういった餓鬼畜生の心を洗浄してやる手立てはないかと考えてしまってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。