手で食いたくない食い物問題

タイトルについて、もう、シンプルに結論から行きます。

ポテトチップスやフライドポテトを手で食う文化って、頭おかしくないすか?

以上です。
もう、この一文だけで全部伝わるやろって感じです。
僕は、できるだけ箸や爪楊枝で食いたいです。

日本に住んでいて、手で食べるものって結構あると思います。
パン系は多いですね。
食パン、ハンバーガー、サンドイッチ、などなど。
まぁ、わかります。
サンドイッチなんかは、手だけで食事を完結させるために発明された食事ですから。

しかし、ポテトチップスやフライドポテト。これらはアウトでしょう。
揚げ物を手で触った後の指がどうなってるか、わかりますか?
油まみれなんです。
食パンを手で触ったときと、わけが違います。
ティッシュで軽く拭いただけじゃ取れないんです。

もう一回、よく考えてください。
ポテトチップスや、フライドポテトは、揚げ物です。
油にドップリつけられたあとに、キッチンペーパーで少し油を切っただけの物質です。

そもそも、トンカツや天ぷらを手で食べますか?という話です。

ピザや、手羽先は、まだギリギリわかるんです。
箸で食いにくいですから。
しかし、ポテトチップスやフライドポテト。
箸で食っても、めちゃくちゃ食いやすいです。

わかりました。百歩譲って、10年前だったらリスクはそこまでなかったでしょう。
しかし、10年前と現代で、完全に大きく違うものがあります。
それは、スマホ普及率です。

僕は、理解できません。
ポテトチップス食った手で、普通にスマホの画面をベタベタ触ることができる神経や、
ポテトチップスを食べ始めてから食べ終わって手を洗うまで、スマホを触らない覚悟が。


もう、右へならえで今までの常識や文化にとらわれるのはやめましょう。
こういうところから一つ一つ、思考停止状態を打破していきたいです。
僕が言ってることは、決して大げさじゃないと思ってます。


ちなみに僕は、どうしても箸がない状態でポテトチップスやフライドポテトを食べないといけないときは、スマホを触らないほうの左手で食べることにしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。