方向音痴

僕は、方向音痴です。
ガチのコンプレックスです。

例えば、恋人や妻といるとき、後輩といるとき、お偉い方をご案内するときといった、
自分が責任をもって案内しないといけない場合、マジで震えます。

そんな話をすると、
「樋口さんはメインの移動手段が車だから大変でしょ?」
などと言われますが、それは違います。
むしろ、車はカーナビがあるから問題ありません。
もっというなら、駅から目的の住所に歩いて向かうのも、全く問題ありません。
Googleマップが全て教えてくれるからです。

一番しんどいのは、デパート、空港、駅、駐車場といった、Google Mapを使えない場所です。
「さっき通ったソフトクリーム屋の前に集合ね」みたいなのが、一番やばいです。
「GPSでピン打ってもらえません?」と言いたくなります。

あと、ショッピングモールなんかで、トイレに行ったときもピンチです。
元いた場所にもどりたいのに、迷うこともあります。

駐車場の話でいうと、
実は、方向音痴にとって、外の100円パーキングに停めることは、ときに致命傷をもたらします。
駐車場の場所を見失ったら、“完全にアウト”状態になり得るからです。
何をどうやっても、見つけ出す手段がありません。
スマホの中でどんなワードで検索しても出てきません。
実際、駐車場がみつからずに数十分さまよったこともあります。

基本的には、駐車場に車をとめたときは、近くにわかりやすいシンボルをみつけて、覚えておくか、
駐車場の看板の写真を撮っておきます。
そうすれば、困ったときに駐車場名でググれますし、なんなら、写真にGPSで位置情報が埋め込まれているので、そこからたどり着けます。

たまに、歩いていて道すがらコンビニに寄り、コンビニから出てきたときに、右からきたか左からきたか分からなくなることもあります。

…というか、なんで皆さん、方向がわかるんですか?
どうやったら、方向音痴が治るんですか?
不便で不便で、
不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で、
不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便で不便でしょうがありません。


蛇足ですが、僕はこの世界がフラクタルだと思ってます。
つまり、僕が方向音痴であるということは、僕の生き方自体も方向音痴なんだと思います。
たしかに、いつもフラフラ、目的の方向がわからずに彷徨ってる感覚があるのは事実です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。