ドラクエIIIの違和感

SNSサルベージ。
今日紹介するのは、2012年4月18日の投稿です。
ドラクエ3がわからない方には、チンプンカンプンかと思いますが、好きな投稿だったので、回収しました。


[プラットフォーム]:Facebook
[投稿日時]:2012年04月18日

アリアハンで何もわからぬまま始まり、ポルトガで船を手に入れるまでは、実は、一次元の冒険だ。物語を進めるか、戻るかしか選択肢は与えられない。船を手に入れて、初めて二次元的な自由を手に入れる。
ただ、ポルトガまでの道中、2つ違和感を感じる点がある。

一つは、ロマリアからアッサラームへは陸続きで、特にイベントもなく歩いていけるようになっている点。橋を渡った瞬間にあばれざるとキャタピラーの群れに瞬殺されるあの体験は一体なんなのか。必要なのだろうか。

もう一つは、カンダタのイベントをクリアすることなく、本編のストーリーを進めていけてしまう点。最近のゲームでは当たり前で、サブストーリーという言葉で簡単に片付くが、当時感じた違和感は凄かった。なぜ本編に必要のないストーリーを、”一次元進行中に”いきなり挿入したのか。

ここに、当時の制作者たちの隠された意図を感じる気もするし、何も考えてないのかもしれないし、意識的に考えてないだけで、考えが出てしまっているのかもしれないし、それはあえて解明してしまうのは無粋な気もする。
とにかく、そこで感じた違和感は、俺の原体験の一部になっている。

以上。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。