我が国への怒り

日本の政治やら文化やらなんやかんやに対して怒ってしまいそうになることはよくあると思います。

しかし、そんなときは少し冷静に考えてみます。
それは、「嫌なら出ていけばいい」です。

実際、日本以外の国に住んでいる日本人はたくさんいます。
海外に出るなとは誰からも言われてないわけです。
他国では、海外に居住地を移すことがとても難しい国が多数あるなか、
我々日本人はその点でめちゃくちゃ恵まれており、選択の自由があります。

それなのに日本に対して怒っている状態というのは、
ブラック企業に就職している人が、辞めて会社から自由になる選択肢があるのになぜか辞めず、
口では文句を言いながら、会社に搾取され続けている状態に似てます。
もちろん一概には言えませんが、僕なら、「え、やめれば?」と思ってしまいます。


もし日本に対して怒りたいとしたら、
一度海外にしばらく住んでみて、
その上で「海外に住むよりやっぱり日本がいいな」と総合的かつ客観的に判断した上で、帰国したあとに、堂々と怒りたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。