庭掃除

何年前の話か忘れましたが、あれは確かちょうどこれくらいの季節だった気がします。

実家の庭に散らかった落ち葉を、何時間もかけて頑張って掃除したことがあります。

次の日、庭を見ると、もう落ち葉で散らかっていました。その時、心の底から「やってられるか」と思いました。

どうせすぐに散らかるのなら、なんで掃除などする必要があるのか。

なんのメリットがあって掃除するのか、と。

しかし、落ち着いて考えた末に、さらに思いました。

この庭掃除がなんの意味を為さないと仮定するなら、我々生き物が生きているということが、なんの意味もなさないことになります。

世界は基本的にエントロピーが増大するようにできています。

秩序から無秩序へ向かうのが世の常です。

掃除はそれを必死で食い止める行為です。

「キレイなままで保つ」行為です。

我々は、普段、倫理観や節度や規律を持って生きています。これが無秩序になると、殺人、レイプ、麻薬、その他もろもろが乱行して、生きるのが面倒な社会になります。

それを、人間全体で協力して、「キレイなままで保つ」ことができるように頑張ってます。

もし、世界がキレイなままで保つことができなかったとしても、生きるやつは生きますし、死ぬやつは死にます。

そういうものだ、で、ハイ終了です。

それでも、なぜか人間は、より気持ちよく生きようとします。庭に落ち葉がないほうが気持ちがいいということと同じように、です。

ここで結果を求めだしてしまうと、とたんに全てが意味のないものになります。

一切の結果に囚われることなく生きるというようなことは、果たしてできるのかなぁなどと、最近考えています。

今現在の未熟な僕は、まだまだ結果が気になってしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。