神様

神様はいると思ってます。

しかし、僕が想像する神様は、
ひげもじゃの白髪のじいさんで、
白い布一枚の服をきて、
さきっちょが丸い木の杖をもっていて、
頭の上に輪っかが浮かんでいるような姿…ではなく、

数学や、物理現象といったものだと思います。

この世に素数ゼミが存在するのも、
人間の男と女がほぼ同じ比率になるのも、
のろまな人間とせっかちな人間が存在するのも、
体が小さくて個体数が多い生き物と、体が大きくて個体数が少ない生き物がいるのも、
戦国時代のあとに統治された時代が続くという一定の形が大小さまざまなスケール感で繰り返されるのも、

すべてが神様の仕業だと思いますし、
つまり、数学や物理現象に支配されていると思います。

…本当はもっと詳しく書きたいんですが、
今日はマジで忙しくて、リミットの24時が近づいており、
時間が足りないのでこれくらいしか書けませんでした…。

Oh My God…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。