好きなミュージシャン、答えるのムズすぎ問題

「好きなミュージシャンは?」と聞かれたら、なんと答えますか?
…これ、考えれば考えるほど、こう思います。

難しすぎじゃないですか?と。

たとえば、僕はBOØWYに影響を受けて音楽を始めました。
しかし、今現在日常的に聴いているかというと、そういうわけではありません。

で、今聴く音楽でいうと、もう特定のミュージシャンとかではなく、最近知った曲を聴くわけなんですが、
もはやミュージシャン単位ではなくアルバム単位、いや、曲単位で聴いたりします。
これは、音楽を聴く環境が、サブスク系やYoutubeに変わってきたからでしょう。

もう、一枚のアルバムをテープやMDに録音して、くり返し聴くことはなくなったんです。
そうなると、最近知った曲を演奏するミュージシャンに対して、とても「好き」とは言えません。

僕が思春期に聴いていた、BOØWYやLUNA SEAやBUCK-TICK、ミッシェル・ガン・エレファント、ハイスタ、SUPER Stupid、マッド・カプセル・マーケッツ、ユニコーン、JUDY and MARY、レッチリのように、強烈にミュージシャンを好きでたまらないような状態とは言えません。

そして、結局、色々考えた結果、

坂本龍一 と答えています。

いや、こう書くと坂本龍一さんのことを好きじゃないような意味にとらわれがちなんですけど、なんといいますか、ちょうどいいバランスのところにいるんです。そういうことなんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。