また賽を投げてしまった

またやってしまいました。

とある友人から「Podcast番組を一緒にやらない?」と誘われまして、
即断即決でやるときめて、企画会議までやってしまいました。

最初に連絡をもらったのが20時で、番組の方向性や内容やフォーマットなどがだいたい決まったのがつい先程です。

こんなことを続けているから時間がいくらあっても足りないんだということはわかっています。

でも、今ここで僕がやると言わなかったら、彼はもう音声メディアをはじめることはないかもしれない。
そして、僕の中でも、彼とやることで得られた様々なものを得られるチャンスを失うかもしれない。

そう思うと、もったいなくてたまらないんです。貧乏性にもほどがあります。

もう、賽は投げてしまって後戻りはできないんで、やるしかないんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。