子曰く

孔子が、「立派な人とは、めちゃくちゃ大変な時にうろたえないこと」と言ってたらしいので、 うろたえないことにします。

うろたえないようにしようと思わないと、ついついうろたえてしまいます。

いや、うろたえないようにしようと思っていても、うろたえてしまいます。

では、うろたえないためどうすれば良いのか考えてみました。
結局のところ、うろたえているときに、「自分はうろたえているな」と客観的に認識することで、
他人目線に立って自分のことを「うろたえてもしょうがないな」と冷めた目で見ることしかできないんだと思います。

監視カメラのスイッチが切れたときがヤバいときです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。