失敗する権利

成功から得る気づきや学びは多いですが、それ以上に、失敗から得るそれらのほうがより多く、深いです。

なのに、人が失敗をしようとすると、周りは全力で止めようとしてしまいます。それは、一度の失敗が命を失う危険性があったころ、つまり、人間が野生で生きていた時代では、生命の維持にとって必要な環境機能でした。

しかし、現代になり、そう簡単に命を落とすことは少なくなりました。

つまり、社会の発展により、失敗から得る学び(メリット)に比べて、失敗のリスク(デメリット)の方が少ないパターンが増えてきたということです。

なのに、その現代において、未だに人間は、原始時代に有用だった他人が失敗するとわかっていて、それを阻止しようとする生物の本能には抗えていません。

ならば僕自身、いろんなことを失敗させていただきたいですし、人が失敗すると分かっていても、チャレンジしてもらいたいです。

全ての人に、失敗する権利を。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。