「自分次第」な時代

現代日本。

活動の種類や精度や密度によって結果に差がありすぎですし、そもそも自由度が高すぎで選択肢が多すぎじゃないでしょうか。

つまり、やり方によってはチート可能ですし、いくら頑張っても無駄な努力にもなりうるということです。

これだけ自由度が高いと、自分のリソース配分が超絶ムズいです。
ちょっと前まではもっと自由度が低かったと思います。

金銭的に裕福な生活をすることがほぼ間違いなく幸福につながっていましたし、やれることも少なかったので、選択や決断の難易度は低かったと言えます。
自由な世界と不自由な世界、どちらが良い世界かというと、もちろん前者の自由な世界です。
自分で選択できないと、不幸な環境で固定されたままゲームオーバーという可能性があるからです。

万人に人権とチャンスが与えられているという意味では、おそらく現代が歴史上もっとも「自分次第」な時代だということです。

判断力の重要度が上がり、人生ゲームの難易度がめちゃくちゃ高くなってきました。
だから、面白いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。