時間と労力ポートフォリオ

投資の世界のポートフォリオというのは、不動産、株、債権などなどの、どの土地どの銘柄に、どれだけ資金を入れておくかの全容のことです。
リターンを最大化するために頭をひねって構築します。

よくよく考えると、時間や労力も全く同じです。

仕事、副業、家庭、個人の趣味、友人、休養などなど、
どこにどれだけ投資をすれば幸福度が最大化できるか?というゲームを日々やっているわけです。
つまり、時間と労力ポートフォリオをどう組むべきか。

もちろん、より投資対効果が高そうなところに多く投資するほうが得そうにみえます。
ただ、投資先が少ないとそれはそれでリスクになるので、

分散投資をしといたほうがいいのか、
どこにどういった割合で投資するのか、
現在投資対効果が見込めない銘柄であっても、2〜3くらいはギャンブル性の高いものも加えていたほうがいいのではないか、
今この銘柄が下がっているので、上がっている銘柄を切り崩して下がっている銘柄にあてたほうがいいのではないか、

…などなど、投資に置き考えて考えてみると、色々としっくりきます。

さて、僕はここから、どんな時間と労力ポートフォリオを組んでいくんでしょう。
なかなか難しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。