迷惑をかけたくないAとB

AさんとBさんがいます。
Aさんも、Bさんもとても仲が良い友達です。
お互い気遣いができ、お互いに対して迷惑をかけたくないと考えています。

Aさんに何か困ったことがあると、BさんはAさんの状況を敏感に察知し、お手伝いをします。
そんなBさんに対して、Aさんは感謝をします。

ここで、Aさんは思います。
「自分がなにか困ると、Bさんは親切に何かしてくれる。それがありがたいが、Bさんに色々とやってもらうのは申し訳ない。だから、困った顔を見せないようにしよう。」

Aさんはどんなときでも困った顔ひとつみせず、いつもニコニコすることを心がけることにしました。
ここで、Bさんは気づきます。
「あれっ、Aさん、最近困った顔を見せないな。でも、よくよく状況をみると、以前とあまり変わってないようにみえる。
さては、僕に困った顔を見せたくないと気を張っているんだな。でも、本当は助けてほしいはず。いつも気にかけていよう。」

Bさんは、ことあるごとにAさんに声がけをするようになりました。
「Aさん、大丈夫?何か困ってない?いつでも力になるよ」と。

Aさんは思いました。
「困っているときに、Bさんに困っていると言ってしまうと、結果的に手伝ってもらうことになり、時間と労力を奪って迷惑をかけてしまう。
だから、嘘をつこう。困っていても困っていないと言おう。」

Bさんは気づきます。
「Aさん、言葉では困っていると言わないな。でも、あきらかに表情は困っているし、体はきつそうだ。よし、困っていなくても前もってお手伝いをしておこう」

Aさんは思います。
「はっきりいって、疲れた。Bさんに色々やってもらって本当に助かることも多いけど、
それよりも気を遣ってしまうほうが結果的にしんどいな。でも、『お願いだから手助けしないでくれ』なんてBさんには言えないし、どうすればいいんだ…」

Bさんは思います。
「…と、おそらくAさんは思っているだろうな…しまった…自分のせいで迷惑をかけているみたいだ。でも、見て見ぬ振りはできないし、本当に僕がいないと困ることもあるだろうし、どのケースで手助けをし、どのケースでしないのが正解なんだろう…。
本音を言ってくれたら一番ラクなんだけどな…。なんで本当のことをいってくれないんだろう。どうすればいいんだ…」


…と、こういったケース、よくありませんか?
これ、どこでどうすれば解決するんでしょうね。僕にはまだ完全解決法が見つかってないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。