吉野家の牛丼

昨日は炭水化物解禁日だったので、ひっっっさびさに一人で吉野家に行きました。

そして、大盛りつゆだくたまごを食べ、足りずにおかわりで並盛を食べて、思いました。

シャブでパクられたあとムショから出てしばらく我慢したあとついやっちゃったらこんな感覚なんやろな…と。

細胞全体で牛丼を迎え入れる感じとでもいいますか。

この飽食の日本に生きる現代人の何%が吉野家の牛丼の尊さを細胞レベルで理解できているのでしょうかと問いたいです。
牛丼食えることを当たり前と思うな。牛丼が食えることを心の底から感謝しろ、と。

あぁ…あまりに牛丼がうますぎたので、ちょっと、人生狂いそうです。
あちら側に引きずり込まれないように、自分をしっかり持とうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。