203日め

「あれっ、ブログ始めて今何日目っけ?」と思って見てみたら、今日は203日目でした。
昨日までで、202個の記事を書いたことになります。

気づいたら、一年の半分である、183日を超えてました。

せっかくなので、183日めも、きりがいい200日目も、もっと噛みしめればよかった…もったいない…というのは置いといて。

僕は、ブログを始めた当初、こう思っていました。

「最初は、ブログを書くのは面倒だが、習慣化すると、次第に書くのが当たり前になり、面倒だと思わなくなってくるはずだ」
…と。

しかし、202日がたった今。
ブログを書くのは、相変わらず超面倒です。

まず、そんなに、毎日毎日ゆったりと時間が取れるわけじゃありません。
今なんて、明日までにやらないといけなタスクが全然終わっておらず、さらにすでに眠いです。
でも、意地で書いてます。

まだ、伝えたいことがある日は救われます。
僕は、伝えたいことを書く。それにより、少なくとも読んでいただいた何人かには、楽しんだり、思考の糧にしてもらえます。Win-Winです。
しかし、伝えたいことがマジでなんにもない日もあります。
というか、そっちのケースのほうが多いです。
そんなときはもう、捻り出すしかないんですが、これが大変です。

下品な例で申し訳ないですが、
便器に座って、便意がやってくるまでずっと踏ん張ってるような状態です。
もしくは、とにかく何か消化の良いものを口に入れます。
つまり、ネットサーフィンをしたり、過去の自分のツイートやFacebookポストを読んだり、他人にお題を与えてもらったりして、脳に刺激をあたえます。
排出するしかない状態を人工的に作り出すのです。

そこまでやって書いても、たいして面白い文章が書けない日もあります。
いや、ちょっと嘘をつきました。
たいして面白い文章が書けない日のほうが多いです。

しかも、いくらアクセス数を稼いだとて、1円のお金も産んでいません。

…本当に、いつも、「なんで書きよんやろ?」と思いながら書いてます。


そんな自分を客観的にみると、こう思います。

「なんのためにやるのか頭ではわかっていなくても、感覚的にやっておいたほうがいいと思っていることに対して、信じ込んで自分の時間と労力をぶち込む修行」をやっているのだ、と。


まぁ、文頭で、
「最初は、ブログを書くのは面倒だが、習慣化すると面倒だと思わなくなってくると思っていた。しかし、202日がたった今、相変わらず超面倒だ。 」
…と書きましたが、
少なくとも、「毎日毎日面倒だと思いながら、面倒さを受け入れる」ことについては慣れてきたような気もします。

「そもそも生きていくということ自体が面倒なことなのだ」という実感を得たいがためにやっている部分もあるのかもしれません。

203日め” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。