串かつ屋のブラックボックス

二度づけ禁止の串かつ屋のソースに、もしかしたら誰かが二度づけをしているかもしれない…皆それはうすうす想像はしている。

それでもなお、

「二度づけなどしてないはず」だと自分を信じこませる。

これと似て非なるものとして、「どうでもいいので、あまり気にしない」が挙げられる。

この二つは、根本から全く違う。

前者は、「どうでもよくない」のだ。

にも関わらず、真実に蓋をしてブラックボックス化した状態で、丸ごと受け入れるという性質…というか機能が、日本人には備わっている。

表面化されていない問題は、存在しないのと同じ。

表面化した時にはじめて、存在することとなる。

もっと大げさにいうと、

二度づけされている状態と、二度づけされていない状態とが重なり合っている。

「シュレーディンガーの猫」状態である。

※これ説明がむずかしいので、各自お調べを


…っと、さすがに行き過ぎたので話を戻します。

「知る由もないものは知らないままでそっとしておきましょう。真実を知ることが最重要事項ではないのですから。」

といった価値観を、社会の暗黙のルールとして受け入れる日本人の特殊性と愛らしさたるや。

そして、それでも、日本は回っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。