筆ペン書をやってみた

2010年12月15日。
国立新美術館にゴッホ展を見に行ったあと、たまたま二階でやってた無料の書道展に足を運びました。
生まれて初めて、作品としての書道とじっくり向き合ってみた結果、「書道おもしろい」という結論に達した僕は、2日後の2010年12月17日、筆ペンでいろいろな文字を書いてみました。

せっかくなので、ご紹介します。せっかくなので。

ちなみに僕は、最後の「die」が我ながらマジで好きです。
儚さ、切なさ、脆さ、誰かにとってどれだけそれが大事であっても無情にもそれは一瞬にして訪れるという残酷さ、その他諸々が詰まっていて、とても好きです。

A snake-head fish

View this post on Instagram

A snake-head fish

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

Will

View this post on Instagram

Will

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

Violence

View this post on Instagram

Violence

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

Evil

View this post on Instagram

Evil

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

Form is the emptiness

View this post on Instagram

Form is the emptiness

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

idol

View this post on Instagram

idol

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

die

View this post on Instagram

die

A post shared by 樋口聖典 (@higuchiki) on

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。