誠実ブランディング

幸福度向上に寄与するものは、人それぞれ違うものだし、それでいいと思っています。

その中で、現時点で僕が考える、最も幸福度を高めるために必要なパラメータは、「周囲からの信用度」です。
費用対効果で考えると、全ての財産の中で、「私は嘘なく誠実であるというブランディング」が最も価値が高いと感じています。

信用というのは、金、地位、名誉なんかをはるかに凌駕して、最も価値があるものだと思います。
…というより、金、地位、名誉は、信用があってこそ手に入れることができる資産であるという言い方が正しいかもしれません。

そして、他人の誠実センサーは自分が想像するより遥かに敏感なので、自分では上手く嘘をついているつもりでも、周囲には意外とバレてるということを僕は知っています。
人を騙すのは、そんなに簡単じゃありません。
つまり、誠実ブランディングを周囲に認知させるためのほぼ唯一の方法は、”ガチで誠実である”しかないと思っています。

こうやって、周りに嘘をつかないということは、まだ努力や意識次第でなんとかなります(とはいえ結構難しいけど)。
最も難易度が高いのは、「自分自身に嘘をつかない」ことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。