日々の記録

息子の虎之介が、日に日に成長しているのを感じます。

今は、スマホという文明の利器がいつもポケットに入っているので、
その成長の記録を、なるべく写真や映像に収めるようにしてます。

僕に限らず、すべての親にとって、
おそらく、スマホが普及してなかった10年前に比べ、
膨大な量の記録ができるようになっているはずです。

「歩いた」とき。「しゃベリ出した」とき。
そんな、大事な瞬間を、動画で抑えることがたやすくなったと思います。
すごくいい時代に生きている実感があります。

しかし、やはりそれでも記録に限界を感じるときがあります。
子供が成長して起こる変化は、「歩く」とか、「喋りだす」のように、説明しやすくわかりやすいものだけではありません。
説明しにくいので、文章でも伝えにくいんですが、
「行動に意思を感じるな」とか、
「あ、今、大人の様子を探っているな」とか、
そういった雰囲気レベルで成長を感じることも多々あるわけです。

そして、そういった情報は、映像に残すのが難しいです。

カメラを回すのはせいぜい数分です。
数分で、しかも撮影者が存在する状態でしか記録できません。
これでは、収められない空気感があるわけです。

例えば、母親が料理をしていて、父親がテレビをみていたときに、
マナーモード中の母親の携帯に着信があり、バイブが震えた。
父親がそれに気づき、ふと息子のほうをみると、さっきまでおもちゃで遊んでいたはずの息子がいない。
母親は、炒め物の音で気づいていない。

あれっと思うと、息子が携帯をもって、
「お母さん、ハイ」と母親に渡していた。

…こんな風景を、カメラで動画に収めるのは不可能です。

本気で空気感も含めて日常の風景をおさえたいのなら、
360度カメラで24時間撮影しっぱなし状態にするしかないですね。

一度やってみたい気もします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。